【行ってみた!】meets companyに参加した感想

就職活動をしていて、meets companyという言葉を耳にした学生の方はいませんか?
これは、株式会社DYMが主催している合同説明会のことです。

大学生が抱くmeets companyに対する評判としては、

・隠れ優良企業に出会える
・社長と話すことができる
・即日で内定をGetできる

といったものから、

・地方学生には交通費がでる

というものも。

なかには、

・何か怪しいイベントでは?という印象を持つ大学生もちらほら(笑)
(Goolgeの予測検索で現れる「meets company 怪しい」という結果や、2chでの噂より笑)

どうやら、色々な口コミが飛び交っているようです。

当時の僕はそんな噂なぞ知らず、イベントへ参加したわけですが、
ここではそれら諸々の疑問に答えていければと思います!

先に結論から言うと、別に怪しいイベントではなかったです笑
いたって普通の合同説明会でした。

ただ、人によって向き不向きがあるイベントだと思います。
それについても以下でお話できればと思います。

スポンサーリンク

当日の流れ

僕が当時参加した際のスケジュールは以下の通りでした。

■タイムスケジュール

①Meets Companyの概要説明
②アイスブレイク
③会社説明会
!会社説明後、20秒自己PRの場あり。
④座談会
⑤キャリアカウンセリングor個別紹介(希望者)

■時間:約3時間

■当日の参加企業数:4社(職種はさまざま、基本的に中小企業)

■イベント会場
〒141-0031
東京都品川区西五反田 2-27-3
A-PLACE五反田8F
最寄駅:JR五反田駅西口 徒歩5分

僕は東京で参加しました。

他にも時期によって、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡、広島でも行われるらしいです。

■持ち物
履歴書(形式は自由。OpenEsでも可。志望動機は空欄でOKとのことです。)

■形式
約6人で1つのグループになります。
といっても、特にグループワークorディスカッションをするわけではありません。
座談会の際にその組で、大学生と社員の方が話すという形式です。

■交通費(地方学生のみ)
上限7000円(領収書の提示必要)

注:どのイベントにも交通費が出るわけではなく、一部のイベントで支給されるらしいです。
その際、交通費支給!とイベントに記載されているので、そこの確認はしっかりと!

※キャリアカウンセリングはDYM社員と一対一の面談。

個別紹介では、会社説明と座談会で企業に関心を持った学生が、
自分で希望して選考に臨むというもの。
つまり、個別に企業と今後の選考について話し合うものですね。

キャリアカウンセリングと個別紹介ついては希望者限定なので、特に惹かれた企業がなければ、
2時間ほどで帰ることもできるでしょう。
まさに当時の僕がそうだったのですが、この日は初回参加だったため、
DYM社員の方と個別面談が行われました。(強制ではないです。)

①Meets Company概要説明、②アイスブレイクについてはほどほどに、
③会社説明会、④座談会の内容について語りたいと思います。

当日の参加まで参加企業の詳細は不明だったため、
内心不安だったのは事実です笑
興味がない企業だったらどうしよう・・・
時間の無駄になるんじゃねこれ?
などと考えたり。

(後にわかったことですが、担当のリクルーター(個別面談で決まる)から、
参加企業の名前等は事前に聞くことができるらしいです。
だったら、最初から公表すればいいじゃんと思ったり思わなかったり笑)

まあ幸い当日は面白そうな企業が集まっており、
取り越し苦労になったわけですが。

ただ、選考に進みたかったかと問われればそうではなく、
業界研究として面白かったという感じでした。
今まで全く見ていなかった業界の話を聞いて、
おぉ、そうなんだ!と思うこともしばしば。

この日は4社の企業説明があり、
次いで突然20秒の自己PRが始まりました!
今日来ていた企業の方々に対してです。

エッ?そんなん知らないんだけど!
メールに書いてなかったですよ!!
とびっくり。

・・・

う~ん

まあ、練習として考えるかと開き直る笑

20秒PRと言えばキーエンスで有名ですが、
果たして本当に20秒でわかるものなのでしょうか?

そりゃなんとなくはわかるだろうけど、
20秒で合格・不合格はわからないんじゃないかなあと、
個人的には思ったり。

さてさてそれはさておき、自己PRは終了。
およそ文章2文で終わる印象。
本当に短い笑

次いで座談会。
これが色々な意味で面白かった(笑)

この時間の主導は各会社に任せられています。
以下当日の収穫や出来事。

・不動産の業界話を社長からたくさん聞けた!
→これは大収穫。不動産に関心なかったけど、知見が広がった。

・ベンチャーを立ち上げた経緯について聞けた。
→独立意欲が湧いた?気がした笑

・会社の説明が一切なく、大阪の観光についてずっと語る社員!
→わけわからん(笑)
いや、観光話は面白かったけど、採用のために来ているんじゃないですかっ?
あの時間はなんだったんだ笑

など、色々とカオスな出来事が起こりました。

座談会の後は個別にスケジュールが進みます。
僕の場合志望企業がなかったので、この時は個別面談へ。

恐らく20分、待ち時間含めて30分ほどだったと思います。
選考状況、志望業界、就活の軸 etc
そんな受け答えで終わりました。

本来ならばこの就活軸に沿って、
DYMがオススメの企業を紹介してくれるらしいのですが、
僕にはそれがありませんでした。
というのも、僕の軸がやや特殊だったためでして笑
DYMに非はありません(笑)

以上、当日の流れでした。

どんな大学生におすすめか?

さて、上記のような流れで進むmeets companyでしたが、
向き不向きがあるなーと思ったのが第一感想。

まず
「不向きな人」

・既に就活軸が定まっている人(志望企業も決定済み)
→参加企業がランダムのため、時間の無駄になる恐れあり。

「向いている人」

・志望企業が定まっていない人
→自分の好みの有無に関わらず、さまざまな企業を知れるため、
思わぬ発見に遭遇することあり。

・社会人とがっつり話したい人
→社員とも社長とも話す機会は十分にあります。
仕事観、業界の深堀りなど、リアルな話を聞くことができます。

・地方学生の人
→交通費が出るのは大きいと思います。

まとめ

少しでも怪しい噂があると、それが気になる気持ちはよくわかります。
ただ、イベントで違和感を感じることは特にありませんでした。
執拗な勧誘電話があるわけでもないですし。
それどころか、僕には参加後一度も来ていません(笑)

確かに座談会で少し大丈夫か?と思うこともありましたが、
それもご愛嬌レベル。
参加時間に十分見合った収穫が得られました。

どちらかというと就活軸が定まっていて、不向きな人に属した僕にとっても、
今回の参加に満足しています。
というのも、知らない業界話などが色々と聞けたためです。

就活をしていると、どこかで選択の幅を狭める時期がくると思います。
そうなると、なかなか再度視野を広げるのは大変です。

そこで例えばこのmeets company。
半強制的に自分の視野を広げてくれます。
こんな活用方法だってあるわけです。

そんなわけで一度の参加だったら、
向き不向きに関わらず、参加してみるのもいいんじゃないかなと思います。



参加者内定率96%のMeetsCompany


人気ブログランキングへ