【説明会に参加して稼ぐ!】交通費に悩む地方大学生へ

交通費を稼ぐ

上京して就活をする予定の地方大学生にとって、
交通費は大きな問題です。
それを示すかのように、「地方学生 交通費」で検索すると、
対策を書いたサイトがたくさん出てきます。
しかし、その方法はさまざま。
なかにはハードルの高い方法もちらほら。
それでは、果たして本当に有益な手段は一体何なのか?
今回はそこに着目してみたいと思います。

スポンサードリンク

はじめに

交通費の問題について、収入と出費の2つから考えたいと思います。
もちろん理想は収入を増やし、支出を減らすことですよね。
でも、それはなかなか楽にできないと思います。

収入を増やそうとアルバイトを考えても、
就職活動との両立は経験上、かなり厳しいです。
僕の友人の多くも、就活の際はアルバイトをやめていました。
逆に両立を目指すとスケジュール調整などで時間がとられ、
自分の首を絞める恐れもでてきます。

では支出の削減から考えるとどうか?
他のサイトを参考にすると例えば、

・飛行機・新幹線ではなく、夜行バスを利用する。

・ネットカフェに泊まる。

・シェアハウスに泊まる。

・知り合いの家に泊めてもらう。

・食事を減らす。

など基本的にこれらの方法が出てきます。

でもこれらって、けっこうハードル高いと思いません?笑
なんか当然の手段みたいによく紹介されていますけど、
結構できる人は絞られると思うんです。

それに昔からの友人がいるなど例外を除けば、
いずれの手段にも「疲労」というリスクが伴います。
就活が進めばこの「疲労」に始まり、うまくいかない時のストレス。
「なぜ、こんなにも労力を掛けてる自分が報われないんだ!」という苛立ち。
そして増える交通費。
地方学生にはこの負のスパイラルが生じるという、
さらに大きなリスクがあります。

それを考えると支出を減らすより、
収入を増やすことに意識を向けた方が、メンタル的にも楽になるでしょう。

・・・

だから、それが難しいんだよ!

ってさっき言ったじゃん!!

って話になると思います笑

そう、確かにアルバイトなどをするのは大変です。

でも、実は就職活動において、説明会に参加するだけでお金がもらえる
イベントもあるんです。
この機会、地方大学生にとっては非常に有益だと思います。

スポンサードリンク

サポーターズ

主にベンチャー企業を中心に掲載しているサイト。
例えば東京の説明会に参加するとなると、
関東圏の人は1000円、その他の地域の人は3000円の支援金をもらえます。
他にも自分のプロフィールを企業が気に入ってサポート表明をしてくれると、
なんと10000円もの支援金をもらうことができます。
説明会の時間が平均2~3時間と考えると、
話を聞いているだけで10000円ゲットということも!?

サイトの中身はこんな感じです。

サポーターズイベント

サポーターズ企業イベント

サポーターズ企業イベント②

最近注目のベンチャー企業がたくさんあります!

注意


事前に自己PR文を仕上げる必要があります。


(支援金目当てだけで説明会に参加すると、
警告を受けることもあるので注意!
あまりにも露骨だと、支援金がストップする危険もあります。
Ex,参加態度が悪い。選考に進む気が全くない。など。)

しかし興味のある会社ならば選考に参加できて、支援金も得られるという一石二鳥!
選考に進むか悩んでいる。という状態でも、どんどん参加してみましょう!
説明会に参加して志望度が上がるというのはよくある話です。

以下、さらに詳しい注意点を引用しました。

ご注意
・ご希望の日程と場所を選択し、イベント申込をしてください。
・ 本イベントは、これまで株式会社○○と接点のない方のみが申込できます。
(接点とは、エントリー、説明会/選考会への参加などを指します)
(既に接点のある方は、イベントに参加されても支援金は支払われませんのでご注意ください)

・支援金は実施場所が同一地区の場合1,000円、 他地区の場合3,000円となります。
(例:関西地区の方が大阪でのイベントに参加する場合は同一地区となります)
・地区は、関東地区、関西地区、東海地区、その他という区分になります。
・マイページで加算される支援金は、最大金額が計算されております。実際の支援額とは異なることがありますのでご注意ください。
・支援金を受け取るには、マイページでのプロフィール記入が必須条件となります。 (顔写真、キャリア、経験/スキルの項目を全て埋めてください)
・支援金は、イベントにご参加頂いた月の翌月15日にまとめて支払われます。
・口座をご登録頂いた方には現金振込、それ以外の方はamazonギフト券にて支払われます。 (現金振込の場合、振込手数料は各自での負担となりますのでご了承ください)

出典:サポーターズ(https://supporterz.jp/)
「株式会社○○」の箇所は著者が修正。

meets company



企業と学生のマッチングイベント。
合同説明会です。
このイベントは頻繁に行われており、
地方学生に交通費が支給されるイベントがたまに開催されます。
その額なんと最大7000円!(領収書が必要:※2016年度)

詳しい詳細は別記事にまとめたので、興味がある方はご覧下さい!

僕自身参加してみました!

まとめ

収入を増やす手段としては他に、有給インターンなどがよく挙げられています。
ただ、これらは誰もが気軽に参加できるものではありません。
なぜなら、

・時間の制約(アルバイトと結局同じ問題点)
・選考にかかる時間と交通費
(志望動機を書いたり、面接をしたりetc)

などの問題があり、
結局収入を増やすのに時間がかかってしまいます。

その点今回紹介した2つのサイトでは、
説明会に参加するだけで交通費がもらえます!
ハードルの低さを考えると、断然魅力的だと思います。

余談

就活生の収入を増やす手段をまとめると、

・サポーターズ

・meets company

・有給インターン

・選考体験記を書く。

・交通費で稼ぐ

というものがあります。
このなかで気になるのは、やはり「交通費で稼ぐ」でしょう笑
これは正直グレーです。
その方法は、

①選考のどこかで企業が交通費を支給しますと連絡
②例えば新幹線のチケットを買って領収書を入手。
③チケットを払い戻し(領収書は手にしたまま)、高速バスで現地へ。
④領収書(新幹線代)を提出して差額をゲット!
⑤あれ!?なんか数万儲かった!笑

というもの。
確かにこういう方法はたまに耳にします。

これは事実に反するという意味でグレーなわけですね。
しかし企業によっては、遠方から来た人へ一律に交通費を出すところもあります。

そういうところは気にする必要はありません。
素直にありがたくいただきましょう笑
ただ、交通費を出してくれる企業の大半はやはり外資・大企業が中心。
それも選考が進んで支給が始まると考えると、
もらえるハードルは高いといえます。

ちなみに地方ではほとんど支給がないというのが現状らしいです・・・
僕の友人は地銀を数社受けて
最終面接まで行ったのに、どこからももらえなかったと言っていました。
これぞ地域格差。
地方銀行でそれなら、他は一体・・・

政治家が「就活生に交通費を支給する!」といえば、
若者の票を稼げると思うんだけどなあ笑


人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

【特集】アルバイトの入門講座

サブコンテンツ

このページの先頭へ