ゲームで英語を勉強!?何度も挫折して見つけた!英語学習の継続方法について

ゲームで英語を学習?

受験以来英語を勉強していないけど英語の勉強は続けたい。けど、勉強する時間が見つからない?それなら普段の生活に英語を取りいれてみよう!こんな話よく聞きませんか?
まさに私が何度も見た話です。そして試行錯誤しては何度も挫けたのはいい思い出です。今回はそんな反省を経てオススメな勉強方法をお伝えできればと思います。

※この記事の対象は英語を気軽に続けて勉強したい方向けへ書いています。ただ、しっかり勉強したい方にも役立つ情報はあるかもです?

私が英語学習の継続を意識したのは、1ヵ月の語学留学を経験した後でした。
せっかく英語学習の習慣がついたのに日本に戻ったらすぐなってしまうだろう。
そんな思いから早速普段の生活に英語勉強を取り入れる方法を探しては挫折し、
試行錯誤を繰り返しました。
そこでここでは試行錯誤の結果、ついに見つけた継続方法をご紹介したいと思います笑!

普段の生活に英語を取り入れる工夫一覧、そして取り組んだ結果

下記やってみた(やろうとした)ことです。

・映画を字幕で見る
・洋楽を聞く
・英語ニュースを聞く
・海外のテレビを見る。
・英語ニュースを読む
・英語を日記でつける。

・映画を字幕で見る
→これはもう鉄板ですね。自宅でも映画館でもとにかく字幕で見てみる。特にネットで視聴すれば好きな時間に見ることができるので、勉強という観点から見てもメリットは大きそうです。
ただ、毎日続けてみると結構ハード。映画を毎回途中で区切るのはキツイ。精神衛生的にこれはよくない!
そして気付いてしまいました。学習効果の観点から考えてもその意義は微妙なところ。映画の展開に夢中になってヒアリングどころではありません。
結局私の中で、字幕での視聴はやらないよりはやった方がマシというもので、これで何かスキルが身についたと感じることも特にありませんでした。

【一応まあ良かった点として】

・気軽に始められる。

【欠点】

・短時間で区切ることができない。(続きが見たくなる。特にウォーキングデッド。あなたのことです!)
・ストーリーに夢中になって、結局勉強している意識が飛んでしまう。つまり勉強ができていない!

・洋楽を聞く
→ただ音楽を楽しんだだけ!やったぜ!
ネイティヴにも聞いてみたんです。歌詞を聞き取れるかどうか。すると、いや難しいよとのこと。ネイティヴが聞くのも難しい歌詞を、日本人が一体どうやって聞き取るというのでしょうか笑
私の場合日本語の歌詞でも聞き取れないことがあるので、そりゃそうだと1人で納得してしまいました。
というわけでこれもアウト。

【良かった点】

・音楽は勉強するのではなく、楽しむものだと気付けたこと!笑
そこからメリハリをつける必要性を学びました(笑)

【欠点】

・そもそも聞き取れない。
みなさんいかがでしょうか?外国人が日本語の歌を聞いて、日本語を学んだという話を聞いたことはありますでしょうか?自分でも振り返って意外でしたが、私は聞いたことがありませんでした。
ゲームやアニメで勉強したという話は聞いたことがありますけど。

・英語ニュースを聞く
→PodcastてCNN、ABCニュースを聞いてみました。しかし、これが想像以上につまらない!
英語ニュースを聞くのは、やった気になる可能性大。
CNNとか聞いていて非常につまらなかった。
なんでこんなつまらないんだろうと。

・海外のテレビを見る。
→「スカパー!」などの衛星放送で見る云々って説明を見て諦めました。契約?めんどくさそう・・・

・英語ニュースを読む
→これも同じく契約云々がめんどくさくて諦めました。特に初期費用がかかるともうアウトですね。
だたそれでもあきらめず、JapanTimesのアプリをダウンロードしました。がこれも続かず。文章が多くて見るのに疲れたのです。

・英語を日記でつける。
→5日で終わりました(笑)普段3行日記を書いていたりするのですが、びっくりするぐらい続きませんでした。

結論、どれもほとんど続かなかった!!笑

なぜ続かなかったのか?

①初期費用がかかる
→気軽に英語を勉強する姿勢の時点でこの条件は駄目でしたね。

②手続きに時間がかかる(契約など)
→これも①と同様の理由です。

③調べる作業が多い
→英語で日記を書こうとした時のことですが、書くにはやはり正確な文法、英単語の理解が必要になります。すると毎回調べる必要が出てくる。単語ならまだしも文法をそれなりに学ぼうとするなら時間はかかります。これを毎日やるなんて、という思いが挫折につながったのでしょう。(完全な言い訳ですが・・)

④勉強と娯楽の境界線が曖昧
→言いえて妙ですが、このさじ加減が継続有無の根本にある気がします。
本当に勉強する(目標がしっかりしている+参考書等で)のならば、脳も勉強体制になるでしょう。
サイクルが回れば勉強も継続的にできるかもしれません。
しかし娯楽要素が強い(そうなる状況が強い:リフレッシュしたい!=音楽を聴きたい)と、勉強する気持ちもなくなってしまいます。

そうあれこれ試しては考えた結果、毎日の生活に取り入れるには下の3つの条件が必要かなと思いました。

①取り組むのに少しでも抵抗がないこと。
Ex.英字新聞を見て少しでも「うっ」と思ったら赤信号です。

②取り組むことに楽しみを見出せる
Ex.夜、映画を見ることが人生の生きがい
→それならば定着する可能性ありです。

③短時間で区切ることができる。
→つまり1つの行動が短時間で完結する。

うーんこれ何があるかなーと考えてたら、
ふと、英語でゲームやればいいんじゃね!と閃きが!

それでは早速英語のゲームを探す!

手軽にできるということでスマホアプリからゲームを探しました。
英語×ゲームの組み合わせで検索すると確かに色々でてきます。
要はゲームで英語を学習するものですね。
しかしこれがつまらない!笑
目的が英語学習に向いているだけに、勉強させられている感が満載なんですね。
そこで他にないかと探して目に止まったアプリ。

▼遊戯王デュエルリンクス

あっ遊戯王だ。懐かしいー。
と対応言語を見てたら日本語、イタリア語、、、英語、英語!?
これだっ!
そう、気づいたのです。遊戯王を英語版で遊べばいいんじゃないかと。

これが大正解でした!
かれこれ1年は継続して遊べています(笑)
継続できた理由を考えると下記の理由があるかなと思います。

・ゲーム自体が面白い!
→これが一番の継続理由じゃないでしょうか。

・英文を適度に読める。
→カードには効果があるものがあり、ゲームで勝つためには効果を理解する必要があります。

・集中して楽しめる
→ゲーム中ではオンライン対戦もでき、勝つには自分と相手のカード効果を素早く読み取る必要がでてきます。

・カードの効果が大体わかる。

これは遊戯王カードをやったことがある人には嬉しい点ですね。
日本語で大体意味を覚えているので、英語ではこういう風に書くんだと自然に英語を学べます。

とまあがっつり遊戯王について語ってしまいましたが、
つまり継続させる英語学習の一歩目は、
ゲームの日本語を英語に切り替えることにヒントがあると気づいたのです。

おすすめの英語ゲームを探す方法

もちろん遊戯王を知らない方もいると思うので、
他に継続できる英語ゲームの探し方をまとめたいと思います。

①ゲーム自体が面白いこと
②適度に英文を読む機会があること
→英文が少なすぎると今度は勉強の要素が減ってしまいます。
③日本語版のゲームを英語版に切り替える

③は特に盲点でしたが、やはり大事なことだと思います。
ゲームで英語を学ぶスマホアプリはまだまだ増えてきていますが、
どうしても英語を勉強している感じはぬぐえません。
(言い得て妙ですが、、笑)
ただそれよりも普段の生活に英語を取り入れる観点から考えると、
普段日本語で見ているものを英語に切り替えるのは1つのアイデアかもしれません。
スマホの言語設定を英語にかえてみるなど。

※ゲームをやる罪悪感をなくせる

ゲームは時間の無駄だという声はよく聞きます。
しかし英語でゲームをやれば「ゲーム=英語の勉強」という認識になり、
その罪悪感を消すことができるでしょう(笑)
英語の勉強もできてゲームも楽しめる。まさに一石二鳥なわけです笑!

スポンサードリンク

【特集】アルバイトの入門講座

サブコンテンツ

このページの先頭へ