大学生の疑問解決 – デスクトップかノートパソコン?

これに案外悩む大学生は多いかもしれません。

しかし結論からいうと、大学生にはノートパソコンをお勧めします。

まずは両者の良い点、悪い点を説明します。

 

【ノートパソコンの良い点】

 

✔持ち運べる

なんといってもこれが大事ですね

そのため

・どこでもレポートが書ける

・プレゼンの時に役立つ

など持ち運びによるメリットはたくさんあります。

 

✔スマートフォンの臨時充電機になる

地味に役立ちます

 

✔場所をとらない

邪魔ならたたんでしまえばいいのです

 

✔どこでもネットができる(※無線LANを使える場合)

どこでも検索や動画視聴、ゲームなどができます

 

✔停電などでも電源が切れない

万一停電になってもデータが消えずに済みます

 

【ノートパソコンの悪い点】

 

✔比較的デスクトップより高い

ノートパソコンの方が小さいから安いだろうと、私は最初思っていました。

しかし実は中身をコンパクトにしている点で、逆にコストがかかるそうです。

ただ選び方次第では十分安く済ませることができます。

 

✔容量が少ない

大掛かりな動画作成などをしない限り、特に気にする必要はないです。

それにパソコンによっては後で容量を増やすことも可能です。

 

悪い点も確かにありますが、買い方次第で十分補うことは可能です。

使い方が専門的にならない大学生の場合はなおさらです。

 

【デスクトップの良い点】

 

✔容量が多い

専門的な使い方をするなら必要かもしれません

 

✔画面が大きい

 

【デスクトップの悪い点】

 

✔持ち運びができない

決まった場所でしかできないのは欠点です

 

✔場所をとる

マウスやキーボードも置くわけですからね

 

✔停電の時にデータが消える

これは非常に致命的です。

レポート完成→雷→はいアウト―!なんてことも

ありえなくはないです。

 

【結論】

大学生が買うならノートパソコンにするべきだと私は思います。

容量が少ないという点もありますが、今では同等の容量を持つ

ノートパソコンだってあります。

それになにより、持ち運びできる点は大学生にとって非常に重要

です。

スポンサードリンク

【特集】アルバイトの入門講座

サブコンテンツ

このページの先頭へ