大学生の疑問解決 – HDD・メモリ・CPUとは?

パソコン販売店に行くと必ず目にするこれらの単語。

ノートパソコンを初めて買う大学生にとっては厄介です。

そしてその容量を表す数字もさまざま。

知識がない状態で販売店に行くと、コンテンツ詳細の

前で立ち往生してしまいます。

事実私はそうでした。

ただそんな私にすごくわかりやすい例えを使って説明して

くださった店員さんがいました。

以下がその説明内容です。

 

まずは図書館をイメージしてもらいます。

 

・HDD(ハードディスク)→ 図書館の本全て

・メモリ→ 作業する人の机

・CPU→ 作業する人の頭の良さ

とします。

この場合HDDの容量が多いほど、図書館に蓄えられる本は増えます。

そしてメモリが多いほど机の大きさは大きくなり、一度の作業で多くの本

を扱うことができます。

最後にCPUが優秀なほど、作業効率も上がることになります。

 

実際に、店で下の値を見た時はこう考えます。

・HDD 500GB

→パソコンに入るデータ全ての限界が、500GBであることを示します。

・メモリ 4GB

→作業を一回する際に扱うデータ量の限界を示します。

・CPU corei7

→パソコンの処理が優れていることを示します。

 

次はCPUについてさらに詳しく説明していきます。

まずCPUは主にインテルとAMDという会社によって

作られています。

それゆえ会社によってCPUの表し方が変わります。

またCPUは制作された順に名前も変わります。

CPUを見る時は以下の点を注目してみて下さい。

 

・インテルかAMDか

・CPUの新旧の具合

・コア数

・Hz(ヘルツ)→動作周波数の値

 

<インテルかAMDか>

個人的にはインテルがお勧めですね。

ユーザーのシェア率が高いので安心感もあります。

 

<CPUの新旧の具合>

 

上になるほど新しいものです。

【インテルの場合】

・Core i7

・Core i5

・Core i3

・Pentium G

・Core 2 Quad

・Core 2 Duo

・Pentium dual core

・Celeron dual core

・Pentium D

 

【AMDの場合】

・Phenom Ⅱ

・Athlon Ⅱ

・Phenom

・Athlon X2

・Athlon 64

同じく上になるほど新しくなります。

 

各CPUに特徴はありますが、あまり詳しく比較すると逆に

複雑になるので、単純に新しいCPUほど高性能になると

考えてもらってよいと思います。

 

<コア数>

コアとはいわゆるCPUの中心部分です。

このコア数が多いほどCPUの性能が上昇します。

 

<Hz(ヘルツ)>

動作周波数のことをです。

基本パソコンではGHzで表します。

平均はおよそ1.8GHzだと思います。

そのためHzを考える際は、1.8GHzより高いか低いか

を一つの基準にするとよいです。

 

スポンサードリンク

【特集】アルバイトの入門講座

サブコンテンツ

このページの先頭へ